PAK85_harunootozurewomatu20150125110931_TP_V


source: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/993836343/

783: 2001/07/28(土) 02:39
最近ようやっと気がつきました。


向かいの家の2階、窓ごしに髪が長くて痩せた女がたまに見えます。

薄いカーテンで仕切られているので表情まではよく見えないのですが、
家の住人が友人を呼んで庭で楽しそうにバーベキューや花火をしているときも
暗い部屋の中にひとりたたずみ、それらをじっと睨み続けていました。
住人たちは気がつかないどころか今のところほぼ素通りの状態です。

父や母は僕には「気にするな」というのですが、
あれはどう見ても向かいの家の人間じゃありません。
あの長い髪をかきあげる仕草、慢性の鼻炎で鼻をすする癖、
手首を手で押さえる癖、
上目遣いの鋭い視線、
忘れもしない何重にも巻いた額の包帯、
頭を殴られる度に、何度も何度も巻きなおした包帯........
忘れたことなんてありません。あたりまえです。忘れるわけがありません。
でもそんなことありえないと思いたかったんです。
父も母も僕もあまりに自分勝手に考えすぎていたんです。

あれは間違いなく、向かいの家のドキュソ長男と付き合っていた

自殺した僕の姉です。

コメント

コメント一覧

    • 1. 匿名処理班
    • 2016年08月08日 01:25
    • おしい!
      パンチが足りない!
      あとドキュソとか使うと怖い話にはマイナス
      もっと言葉を覚えましょう
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2016年08月09日 21:23
    • ↑※は父が物置作る話にも書いてた人?
      15年も前の記事にダメ出しして何がしたいの?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット