25_001


source: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1088937678/

866: 赤い服の少女1/2 04/07/14 14:43 ID:yavoKK0M
個人サイトの日記より



さてさて。昨夜はちょっと洒落にならん事になりました。
その日はお酒も飲まず、小説もそこそこにさっさと床につきました。僕は寝付きの悪い方ですが、十分もした頃、すとんと落ちるように眠りました。
ふと。どれだけ眠った頃でしょうか。気が付くと僕はうなされていました。そして、のしかかる苦しさに耐え兼ねて開けた目ではっきりと見たのです。
僕の布団の上に、真っ赤な服を着た女の子が乗っかってはしゃいでいました。ただ、明らかに異なるのは、その子には首が無かったのです。
俄に恐怖に駆られた僕は、無我夢中で声を絞り出しました。しかし何故か声は出ず、体も金縛りにあったかのように動きません。
これはまずい、と心底焦りました。僕が見ているのは、本来見えちゃいけないものだと思ったからです。
なんなんだ、お前はー!
多分、そんな事を叫んでたと思います。そうしている内に、情けないほど裏返った声がようやく飛び出し、はっ、と気が付いたように意識が浮かび上がるのを自覚しました。
夢か。
目を覚ます寸前、そう僕は心底安堵しました。どれだけ怖いものも理不尽なものも、目を覚ましてしまえばそれでおしまいなのです。
悪趣味な夢とは思ったけど、少なくとももうこの恐怖は味わわなくていいんだと。
暗闇で目を覚ました現実の僕。今見た夢の恐ろしさに、額がじっとりと汗ばんでいます。
けれど、夢だったという安心感があるせいか、随分とおかしく思いました。手抜きでしてる仕事でも疲れるんだな、と。
そして喉が渇いたので水を飲もうと起き上がったその時。僕は心臓が止まるかと思いました。何故なら、目の前の暗闇に、うっすらとあの赤い服が浮かんでいたからです。
徐ににゅーうっと手がこちらへ伸びて来ます。しかし首はやっぱりありません。夢で見た通りのそれが、現実にいるのです。

長くなったので明日にはみ出し。

867: 赤い服の少女2/2 04/07/14 14:44 ID:yavoKK0M
僕は慌てて跳び起き、電気をつけました。すると、そこには何もありませんでした。ただ、夜の静寂があるばかりで、自分の鼓動が一番耳やかましく鳴り響いています。
それから僕は一睡も出来ず、電気をつけたまま朝まで漫画を読んでいました。寝るどころか、怖くて電気すら消せなかったのです。
情けない事に、本当に真剣に恐ろしくてたまらなかったのです。
恥も外聞も捨て、誰かに一部始終を話してなだめてもらおうと、携帯に手を伸ばしそうなほどでした。

それから特に何事もありませんでしたが、もしもあれが本物だったら、多分僕は人生で初めて「そのもの」を見た事になります。
どうして自宅でこんな体験をする事になったのか。理由は分からないけれど、本当に怖い体験でした。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット