b0be6b416788908fc57ffacdbac10081_s (1)


source: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1029646267/

781: 肉級 02/08/25 02:34
じゃ、手っ取り早く終わるお話を。自分的には洒落にならなかったので。
まず、情景を想像というか「私」になりきってお話を読み進めてください。



夜中に目が覚めてしまった私、尿意を覚えて一階のトイレへと階段を下りていく。
階段を下りきって廊下へと踏み出したその瞬間。

ドドドドドッドドドッドドドドッドドドドドド・・・・
身長が私の腰あたりまでしかないおじさんが
手には包丁を持ち、小さい体を更にかがめるようにして
私の体の脇をすり抜けていきました。チッ・・少し体がかすりました。
・・・凍り付いたまま、ゆっくり振り向いてももうだれもいません。
それからこれといったことはありませんが、一人でトイレにはもういけません。



コメント

コメント一覧

    • 1. へそ吉
    • 2017年06月13日 12:30
    •  夜中に目が覚めたというからには、自分では意識がはっきりしているつもりでも、実際は半覚醒状態で、そのために見た幻覚の可能性が高いと思います。いつまでもそんな事におびえていないで、気をしっかり持ちましょう。
    • 2. ひろ
    • 2017年06月14日 06:04
    • ヒロに言われたくねー
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット