c71eda609af2b773f6344993fd3ca772_l


source: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1029646267/

25: H 02/08/18 21:42
高校時代の友人Y君の体験談です。

 ある朝僕がいつもどおり学校に行くと、いつも元気者のYが真っ青な顔をしているのに気付き、
どうしたのか聞いてみた。「何でもない。」と返事はするものの、何かに怯えている様子だった。
まあ、こちらも無理に聞き出すつもりは無かったし、「そうか」とだけ言っておいた。




昼休み。

朝と変わらず怯えた様子のYが話し掛けてきた。
内容は「ちょっと相談に乗って欲しい」との事だった。
弁当でも食いながら聞いてやるつもりだったが、話の内容はそんな他愛無い内容では
なかったのでした。

つづく


26: H 02/08/18 21:43
続きです。

前の晩の話。
部活で(Yは漕艇部 ボートでタイムを競うやつです)疲れていたYは、
両親が出掛けている事もあり、夕食後早々に自室の布団で寝てしまったそうだ。

そこで夢を見た。場面は自宅の居間。
Yはソファーで一人TVを見ていたのだが、そこに一本の電話。
出てみるとYと相手は同い年の従兄弟だったそうだ。

が。

その従兄弟の話す内容、また声の感じも幼稚園児と話しているような幼さで、
Yは少々違和感があったようなのだが、久しぶりな事もあり「一緒に遊びたい」とか
「今度どこかに行こう」といった話をしていたそうだ。

五分ほど話したところで、Yにある疑問が浮かんできた。
「この従兄弟、死んでなかったっけ?」

つづく



27: H 02/08/18 21:44
続きです

重大な疑問にぶち当たったY。
しかし従兄弟はそれにはお構いなしで、一人でしゃべっている。

段々怖くなってきたYは、「もう遅いから」とか「親が帰ってくる」等の理由をつけて
電話を切ろうとするのだが、従兄弟は相変わらず一方的にしゃべっている。

話すペースはどんどん速くなり、テープの早送りのようで何を言ってるのか解らなくなってきた。
恐怖に駆られたYが「もういい!(電話を)切ろう!」と思った瞬間、

従兄弟の話すペースが普通に戻った。

そして次の一言が、

「どうして私だけ死ななきゃならないの・・・」と、

年相応(生きてれば)の声で言われたそうだ。

その一言で恐怖のピークに達したYは電話を叩き切った。そこで夢から覚めたそうだ。

つづく


28: H 02/08/18 21:44
続き

夢から覚めたYは一瞬ほっとしたのだが、直ぐに夢の内容を思い出し、話をしていた従兄弟が
誰だったのかを考えた。そして思い出した。

Yが3歳のとき、通っていた幼稚園の火事でただ一人焼死してしまった従兄弟がいたことを。

「ただの夢であって欲しい」そう思ったYは夢の場面であった居間へ行き、
そこで2回目の恐怖に襲われたそうだ。

暗闇の中、

寝る前に消したはずのTVが砂嵐の状態で点いている。

そして、夢の中で叩き切った電話がTVの明かりに照らされ、

受話器が外れていた。

パニックに陥ったYは、電話線を引っこ抜き、自室に駆け込みTVと蛍光灯を点けっぱなしで、
布団をかぶったまま朝を迎えたそうだ。

つづく



29: H 02/08/18 21:45
続き

弁当を食べるのも忘れ、話に聞き入っていたが、ある事を考えていた。

「こいつ漕艇部だ・・・。水に引き込まれるんじゃないか? やばっ・・・。」

Yはというと、何だか目の焦点が合っていない!

危険を感じた僕は、Yと一緒に早退し、Yを家まで送り届け、Yの母親に事情を話した。
その日から一週間、朝夕の送り迎え(自分の家は反対方向なのに!)をした結果、ようやくYは
立ち直り、現在は元気に暮らしています。


以上実話です。長文すいませんでした。



コメント

コメント一覧

    • 1. へそ吉
    • 2017年05月20日 01:16
    •  些細な事かも知れませんが、幾つか疑問を。
       この話の初出は2002年ですか。当時でも多くのテレビ局は終夜放送ではありませんでしたか? テレビが砂嵐、とあったのでちょっと不審。いや、私は知りませんが、短時間でも放送が無く砂嵐になった可能性はありますので、これはまあいいでしょう。
       従兄弟、と表記されているので当然男性だと思いましたが、「どうして私だけ死ななきゃならないの・・・」という言葉遣いはいかにも女性的で、従姉妹の間違いかとも思えます。
       Y君は漕艇部に所属し、しかし水に引き込まれるだろうと投稿者殿が懸念したからには、部活も中断させて1週間は投稿者殿が帰りにも付き添ったのですね。高校の部活、特に体育会系は相当厳しいと思いますが、どう言いつくろって中断させたのか、それも知りたく思いました。
       それでも、結局何も起こらなかったのですから、心霊現象でも何でもなく、ただの偶然のなせる業だったのでしょう。テレビがつきっ放しだった、電話の受話器が外れていたというのも、何かの勘違いだったに違いありません。Y君はスポーツマンなのに蚤の心臓だと言うのは言い過ぎかな?
       長文失礼しました。
    • 2. 名無し
    • 2017年05月20日 14:30
    • ※1
      この話を書いたのが2002年だけど「高校時代の友人が体験したこと」「部活をやっていた」ということで、
      2002年より前の話でしょ
      自分の文盲を棚に上げて従兄弟と従姉妹の間違いにツッコむって相当ヤバイ奴だな
    • 3. ・・・
    • 2017年05月21日 16:29
    • ※1が面倒臭いやつだという印象しか残ってない
    • 4. へそは
    • 2017年05月23日 06:35
    • いっつもトンマな推理を繰り広げてくれるよ♪
      勘助臭がすごいw
      方言失礼いたしました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット