SDIM3157_TP_V


source: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1173973901/

586: 本当にあった怖い名無し 2007/04/27(金) 04:41:56 ID:c1otZK2Y0
笑える話じゃなくて、かつ荒俣氏の本に
書かれてた事、かつ、うろ覚えですまない。



ある人の部屋で毎晩、決まった時間に部屋の中をジョギングで
通過して行く霊が居た。
お祓いとかやってもムダで、気味が悪いが、特に無害だった。
が、ある日その人はハッとひらめいて、
霊が現れて壁の中に消えてゆく、まさにその壁に
マラソンのゴールのようにテープを横一直線に
貼り付けたらしい。
で、その晩、霊がゴールテープを通過した翌日から
ついに霊は成仏したのか、二度と現れなかった。



607: 本当にあった怖い名無し 2007/04/28(土) 05:43:08 ID:miUkhtVqO
>>586
それの、場所が学校の運動場バージョンで
幽霊出なくなっちゃったから、『よーい、ドン!』
てやったらまた現れたみたいな話をどっかのスレで
読んだ。


コメント

コメント一覧

    • 1. なんじゃこりゃ
    • 2017年04月17日 13:07
    • 『新耳袋』に横長の学生寮を突っ切るタイプの霊の話として載っていた。ジョギングではなくガチで走る。だからゴールのテープが効いたわけ。
      ジョギングはゴール関係ないよね。
    • 2. 万太郎
    • 2017年05月21日 16:09
    • その話ぬ~べ~にあったな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット