img_0_m


source: http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1016111756/

840: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/16 22:44
>>820
【洒落怖】線路沿いで寝ている作業服の親父。私「起こさないと」妹「大丈夫よ」→次の日・・・

そういえば私の九大在学中(2、3年前かな)にあった事件を思い出した。



ある部のコンパが夜遅く終わり、女の子を男が送ることになった。
A君はかなり泥酔状態だったものの、意識はしっかりしていたので女の子を
送り、千鳥足で自分の家に帰ろうとした。
以後、A君は消息を絶つことになる。

A君がみつかったのは何ヶ月も経過してから。帰り道には踏み切りがあった。
そこでA君は跳ねられたのだという。夜中だし、電車の運転手も気づかなかった。
死体は勢い良く飛んで、線路脇の草むら(竹林だったかも)に落ちた。

841: 840続き 02/05/16 22:49
そこは丁度死角になっていたので誰も気がつかなかったそうだ。

夏をはさんでいた時期なので、相当腐乱も進んでいたと思うんだけど
臭わなかったのかな?結構あそこを通学路に使う人は多いんだけどね。
ちなみに>>820さんのいう「米一丸踏み切り」の近く。
夢野久作の小説にもでてくるね、ここらへん。(「空を飛ぶパラソル」)

845: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/16 23:38
>>840サン
その話、知ってる〜
私もその辺に住んでるんだけど、その話にまつわる話があるんだ。

ある夜、彼が私の家に遊びに来ていたのだけど、
ちょうどその夜は、次の日の朝が早いとかで深夜だというのに
彼は自分の家に帰ると言い出したんだ。
で、「気をつけてね」って送り出したんだけど。
次の日、彼から電話がかかってきた。
「昨日さ〜。帰る途中、バイクの後ろに何か乗ってきて。」
彼の話によると、帰り道の途中にあたる踏み切りの付近で、
急にバイクの後部座席が「ずん」と重くなるのを感じたとのこと。
あまりにも確かなその感覚に、怖くて後ろは振り向かず、
そのまま自分の家までぶっ飛ばして帰ったそうな。
結局、後部座席の「何か」は、家に着くまでそこに乗っかったままだったとか。
本当にそのすぐ後のことだったんだ。
>>840さんが言っている遺体が、バイクが重くなったというまさにその場所で
発見されたの。ゾゾッとした。
彼いわく、「悪いモノという感じはしなかった(怖かったけど)」らしいので、
きっと、誰かに気づいて欲しくて、バイクに乗ったんだろうね、って
話したことでした。

あんまり怖くないね。おわり。

コメント

コメント一覧

    • 1. 名無し
    • 2016年12月24日 15:05
    • 和歌山県警勤務の友人が女性乗せたのに街へ出たら乗ってなかったって通報があったと嬉々として語っていたからあるかも知れん
      乗った付近で死後数ヶ月の遺体も見つかったらしい

      ちなみに女性が徒歩で向かう場所でもねーのに事件ではなくて事故と判断されたのが一番怖かった('';)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット